ストック ピッカリ 

ピッカリ スター企業をピックアップ

covid19

COVID-19 新型コロナウイルス <まとめ chromeの勝手翻訳 >

投稿日:

https://radiopaedia.org/articles/covid-19-3?fbclid=IwAR3vQkMsWFF535QIFk6WfPM5DSDdKE4bhrxy0YTj4OIxpabSGr_rBr-7dSY

*上記サイトがchromeで勝手に翻訳されたもの貼っておく
正確でなくても、理解を進めるために読んでおこう

COVID-19

博士トリスタンSkalina博士ダニエル・J・ベル◉ら。

クイックリファレンスガイドについては、COVID-19の概要記事をご覧ください。

COVID-19コロナウイルス疾患2019)は、コロナウイルスの株である2019 年の新規コロナウイルス2019-nCoV)として以前に知られている重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2  (SARS-CoV-2)によって引き起こされる感染症です。最初の症例は、2019年12月に中国の武漢で発生し、その後、世界的に広まった1,2,10。現在の発生は 2020年3月11日にパンデミックとして公式に認識されました44

非特異的画像所見は、最も一般的には非定型または組織化肺炎であり、多くの場合、両側性、末梢性、および基底の主要な分布を伴う32。現在有効な治療法やワクチンは存在しません(2020年4月)  20

世界保健機関(WHO)もともと「小説コロナウイルスに感染した肺炎(NCIP)」この病気と呼ばれ、ウイルス自体は「2019小説コロナ(2019-nCoV)」と命名されていた  1

2020年2月11日、WHOは臨床状態をCOVID-19(COronaVIrus Disease-19の短縮形)に正式に改名しました  15。偶然にも、同じ日に、ウイルス分類学国際委員会のコロナウイルス研究グループ(CSG)は、ウイルスを「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2」(SARS-CoV-2)  16,22,46と改名しました。小文字とウイルスの名前の「o」を除いて、病気とウイルスの両方の名前は完全に大文字にする必要があります16,22,41。 

公式のウイルス名は、SARS-CoV   2002-2004年に流行性重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こしたウイルス株)に似ており、混乱を引き起こす可能性があります38。WHOは、公式の名前であるSARS-CoV-2の代わりに「COVID-19ウイルス」または「COVID-19を引き起こすウイルス」を公衆との取引に使用すると述べています45

2020年4月3日、確認されたCOVID-19の症例数は世界的に100万人を超えました5。COVID-19は、医学雑誌The Lancetが作成し、Johns Hopkins Universityがホストしているオンラインウイルストラッカー5,13によると、6大陸の181の地域で診断されました。15か国で10,000以上の症例が確認されており、37か国で1000〜10,000の症例が確認されています。 

注意:監視方法と容量は国によって大きく異なります。一部の国では、診断されていないかなりの数の保因者がいるのではないかと疑うのには理由があります。

 SARS-CoV-2 の0  (基本生殖数)は2.2から3.28 12,33の間で推定されています。つまり、各感染者は、平均して、2〜3の新しい感染を引き起こします。 

 COVID-19 の潜伏期間は、最初は約5日であると計算され、これは10人の患者だけに基づいていた12。アメリカのグループは181ケースの疫学的分析を行いました。そのため、曝露と症状の発症の日数を正確に推定できました。彼らは、97.5%が感染しているの11.5日(CI、8.2 15.6日)以内に症候性になったことを、5.1日の中央値は潜伏期間を計算し、そして99コホート拡張することを目を  、ほぼすべてのケースで結果パーセンタイルは14日間で症状を開発しますSARS-CoV-2への暴露後92

COVID-19による死亡者数は53,000人を超え(2020年4月3日)、致死率は2〜3%です5,93。多くの軽度の症例が検査されていないため、実際の死亡率はこれよりも低く、見かけ上の死亡率が93を超えて歪んでいると推測されています。

中国疾病予防管理センター(CCDC)が発表した論文は、2020年2月11日までに診断された44,672例すべてを分析しました。これらのうち、約1%は無症候性であり、約80%は「軽度」に分類されました  25。 

別の研究では、COVID-19患者の密接に接触したことが確認されたCOVID-19の臨床的特徴を調べた81。これらのCOVID-19の陽性の密接な接触の約30%は、胸部CTスキャンで症状や変化を起こしたことはありません。残りはCTの変化を示したが、約20%が入院中に症状を発現したと報告されており、重症疾患を発症したものはなかった81。これは、COVID-19キャリアの高い割合が無症候性であることを示唆しています。

中国の人口では、COVID-19患者の55〜60 %%が男性でした。年齢の中央値は47〜59歳で報告されています12,93

子供たちはこのウイルス、または実際に他の密接に関連コロナウイルスによって比較的影響を受けないように見える31,47,90  COVID-19の患者の1から2パーセントが子供であることを報告して大規模なコホート研究で59,90,91。ただし、12か月未満の乳児を抱える重症の子供が、より深刻な影響を受ける可能性が高い59。非常に少ない数の小児の死亡が報告されています 90,91。子供では、男性の性別は危険因子ではないようです59。潜伏期間は成人よりも短く、約2日間と報告されている90

注意:新しい疾患の既知の疫学的パラメータは、感染した人々のより大きなコホートが研究されるにつれて変化する可能性が高いことを理解することが重要ですが、これは疾患活動の根本的な現実の真の変化をある程度反映するだけです(病気が研究され、理解されています人間は同時に彼らの行動を変えて伝染または有病率のパターンを変えます)。

COVID-19は通常、全身症状および/または呼吸症状を示します93。SARS-CoV-2に感染した一部の個人は無症候性であり、保因者として行動することができる70。いくつかはまた、軽度の胃腸または心血管症状を経験しますが、これらはあまり一般的ではありません18,50。 

COVID-19の臨床症状の全範囲はまだ決定されていない1,13。症状と徴候は特定され ていません68

一般:

  • 発熱   (85-90%)
  • (65-70%)
  • 疲労(35-40%)
  • 痰の生産(30-35%)
  • 息切れ(15-20%)

あまり一般的ではありません:

レア:

  • 吐き気、嘔吐、鼻づまり(<10%)、下痢(<5%)93
  • 動悸、胸の圧迫感50

英国とドイツの耳鼻咽喉科の専門家からの報告では、COVID-19の患者は高率の無嗅覚症/低酸素症であり、感染した患者の最大 3分の2に上っています79,98。 

最近の報告は、他の多くのウイルス感染症と同様に、皮膚病変も見られる可能性があることを示唆しています。88人の患者のコホートでは、20%が皮膚疾患、最も一般的には紅斑性発疹を発症しました。皮膚の異常のほとんどは自己限定的であり、数日で治癒した100

主に、COVID-19の小児の臨床症状は成人よりも穏やかです59,90。症状はあらゆる急性胸部感染症に似ており、最も一般的には発熱、乾いた咳、喉の痛み、くしゃみ、筋肉痛および嗜眠を含みます。喘鳴59,90に記録されています。子供のその他のあまり一般的でない(<10%)症状には、下痢、嗜眠、鼻漏、嘔吐が含まれていました91

SARS-CoV-2の最も信頼できるテストは、リアルタイム逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)テストです。高度にあると考えられる特定の、しかしと感度 60〜70%のように低いと報告32  及び95から97までパーセントという高い56。したがって、偽陰性は実際の臨床上の問題であり、単一の症例では、疾患の除外について確信を得るためにいくつかの陰性検査が必要になる場合があります。

複数の放射線組織が、CTがCOVID-19の主要な診断/スクリーニングツールとして信頼されるべきではないと述べている52,57,87,88。2020年3月16日、アメリカとシンガポールの委員会は、CT所見はCOVID-19の診断基準の一部ではないことを発表しました56。しかし、CTの所見は、一部でサロゲート診断テストとして使用されている2、32,89。 

138人の入院患者を対象とした研究で最も一般的な付随検査結果は、次の13,89件でした

炎症マーカーCRP  89およびESR)とDダイマーの穏やかな上昇 も見られます。

入院患者に関する最大の研究の1つで、中国全土で1,099人の個人を調査したところ、集中治療室(ICU)への入院率 は5%でした93。この同じ研究では、侵襲的か非侵襲的かにかかわらず、全患者の6%が換気を必要としました。 

ICU患者は併存疾患が多く、年齢が高くなる傾向があります13,93。一般的に報告される後遺症は次のとおりです。

重度のICU症例の小さなサブグループでは:

2020年1月9日、世界保健機関(WHO)はSARS-CoV-2がCOVID-19の原因であることを確認しました(2019-nCoVは当時のウイルスの名前でした)  14,37。それはのメンバーであるBetacoronavirusの  属の属の1 コロナの  ウイルスの家族。コロナウイルスは、ヒト、哺乳類、鳥に見られるエンベロープを持つ一本鎖RNAウイルスです。これらのウイルスは、肺、肝臓、CNS、および腸の病気の原因となります。 

多くの人間の感染症と同様に、SARS-CoV-2は人獣共通感染症です。遺伝的配列で最も近い動物コロナウイルスはコウモリコロナウイルスであり、これがウイルスの最終的な起源である可能性が高い11,19,26。この病気はヘビによって伝染することもあります24

6つのコロナウイルスが人間の病気を引き起こすことが知られています。2つは人畜共通感染症です。重度の急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)  と中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の両方で、致命的な場合があります。残りの4つのウイルスは、風邪を引き起こします。 

密接に関連するMERSやSARSコロナウイルスと同様に、SARS-CoV-2ウイルスは、ビリオンスパイクタンパク質(別名Sタンパク質)のアンジオテンシン変換酵素2(ACE 2)受容体への付着を介して、細胞への侵入に影響を与えます。この受容体は一般に肺上皮の肺胞細胞に見られ、COVID-19 50の最も一般的な症状として呼吸器症状の発症の根底にあります。あまり一般的ではない心血管作用の媒介はまた、心血管系50の細胞で一般的に発現される同じACE-2受容体を介しても行われると考えられている。

COVID-19は動物に由来しますが、その伝染は主にヒトからヒトへの感染であるため、直接人獣共通感染症とは見なされません。これは主に、感染した個人の上気道分泌物の液滴との接触を介して、例えばくしゃみや咳19から同様の方法で風邪に伝染します。

最近のベイジアン回帰モデルは、エアロゾルとfomiteの伝播がもっともらしいことを発見しました58

SARSの流行により口蓋炎の広がりが見られ、SARS-CoV-2がこのように伝染するかどうかは不明なままですが、その証拠はいくつかあります19,43

最近発表されたコホート研究(2020年3月26日)は、出産中の厳密な感染管理対策にもかかわらず、新生児の9%(n = 3/33)が早期発症型SARS-CoV-2感染を発症する垂直感染の可能性を排除できませんでした94。ただし、SARS-CoV-2に感染した9人の妊娠中の患者を対象とした遡及的研究では、垂直感染または子宮内感染の証拠は示されませんでした21。アメリカと中国の共同コンセンサスパネルによる最近発行された(2020年3月20日)ガイダンスは、垂直感染が発生するかどうかは依然として不明であると述べています82

医療画像部門のスタッフがCOVID-19患者と接触する最初の当事者の一部であることを考えると、明確な感染管理ガイドラインが不可欠です。これを書いている時点(2020年3月8日)では、COVID-19患者に対して、液滴タイプの予防策、つまり医療用マスク、ガウン、手袋、および眼の保護が用意されています(エアロゾル生成手順にはN95マスクとエプロンが必要です)  39

一般的なX線撮影を必要とする患者は、携帯用(患者の輸送を制限するため)または専用の補助ユニットでそれを受け取る必要があります。部門への輸送が必要な患者は、ユニットとの間でマスクを着用する必要があります。検査中に使用された補助機器を含む機械は、検査後に清掃する必要があります40。相互汚染を最小限に抑えるために、画像検査では、「1人は清潔、1人は患者に接触する」システムを使用して2人の放射線技師が出席することが推奨されます89。SARS-CoV-2は表面に最大72時間存在する可能性があり、カバーなどのバリアを備えた機器の保護と患者間の機器の徹底的なクリーニングの必要性を強化します58

個人用保護具(PPE)に関する部門のポリシーに従ってください。

米国放射線医学会(ACR)米国の疾病管理予防センター(CDC)はどちらも、緊急でない外来の予約を再スケジュールする必要があるとアドバイスしています83,84。英国放射線医学会は、関節内、軟組織、神経周囲ステロイド注射はウイルス免疫を低下させる可能性があるため、やむを得ない場合を除いて実施すべきではないと助言しています85

CTを必要とする患者は、非造影胸部CT  (ヨウ化造影剤が示されていない場合)を受け取り、スライス厚0.625 mm〜1.5 mm(ギャップなし)57でボリュームを再構成し  ます。ヨウ素化されたコントラストが示される場合(たとえば、CT肺血管造影)、コントラストはスリガラス混濁(GGO)パターン89の解釈に影響を与える可能性があるため、造影剤投与前に非造影スキャンを検討する必要があります。

胸部X線写真  とCTでのCOVID-19の主な所見は 、非定型肺炎 40または組織化肺炎 32,34の所見です。

COVID-19の感度は制限されています。疾患の経過が軽度または初期の場合、最大18%が正常な胸部X線写真またはCTを示しますが、重度の疾患では3%に低下します89,93。両側性および/または多葉性病変が一般的です6,78

胸部CTよりも感度は低いですが、胸部X線撮影は通常、COVID-19が疑われる患者に使用される第一選択の画像モダリティです97。除染を容易にするために、携帯用X線撮影装置の使用が好ましい52

胸部X線写真は、初期または軽度の疾患では正常な場合があります。入院を必要とするCOVID-19患者の69%は入院時の初期に胸部X線異常があり、80%は入院中に放射線異常があった97。所見は、症状の発症後約10〜12日で最も広範囲に及ぶ97

最も頻繁に見られる所見は、統合として記述されているか、一般的にはGGO 89,97として記述されているかにかかわらず、空域の不透明度です。分布は、ほとんどの場合、両側性、末梢性、および下部ゾーンが主な89.97です。実質異常とは対照的に、胸水はまれである(3%)97

成人のCTに関する主要な所見は報告されています13,17,27,28,36

すりガラス及び/又はconsolidative混濁は分布における通常、両側性末梢、および基底である2、32

112人の患者を対象にしたレトロスペクティブ研究では、無症候性の患者の54%にCT 67で肺の変化が見られた。

一部の論文では、CTの感度は、一部のケースでは急性期の初期イメージングでの使用を正当化できる可能性があることを示唆しています。しかし、特にこれらの研究は選択バイアス に悩まされる傾向があったため、現在、主要なスクリーニングツールとしてのその使用は推奨されていません52,57,87,88。最近の調査では、これらの胸部CT所見は最も高い判別値(p <0.001)  51でした:

  • 周辺分布
  • すりガラスの不透明度
  • 気管支血管の肥厚(病変内)

これらの調査結果は、ごく少数の患者でのみ見られるものであり過剰細菌性肺炎または他の診断2、32、89について懸念を表明する必要があります

CTの4つの段階が説明されています17,24,32,86

  • 初期/初期段階(0〜4日):通常のCTまたはGGOのみ
    • 症状の発現から2日以内に、患者の最大半数が通常のCTスキャンを実施
  • プログレッシブステージ(5〜8日):GGOの増加とクレイジーな舗装の外観
  • ピークステージ(9〜13日):統合
  • 吸収段階(> 14日):疾患経過の改善により、「線維性筋」が出現し、異常は1か月以上で解消します

COVID-19 RT-PCR検査で陽性で入院し、CT胸部を行った5人の子供を対象とした小規模な研究では、3人の子供だけに異常があった。主な異常は、成人の外見と同様の両側性の斑点状のすりガラス状の混濁でしたが、それほど鮮明ではなく、3つのケースすべてで、混濁は臨床的に回復した48

2020年3月18日、COVID-19が確認され、病院で評価された171人の子供のはるかに大きなコホートの詳細が、ニューイングランドジャーナルオブメディシンに手紙として掲載されました。全体の3分の1にすりガラス状陰影が見られましたが、子どものほぼ16%は肺炎の画像診断機能を持っていませんでした91

中国の患者に対する最初の研究は、肺超音波  が重症のCOVID-19患者の評価に役立つ可能性があることを示唆している55。次のパターンが観察されており、両側性および後基底が優位である傾向があります:

  • 複数のBライン
    • フォーカルからディフューズまで、スペアエリア64
    • 肥厚した胸膜小葉間中隔を表す
  • 不連続性が散在している不規則な肥厚した胸膜線63
  • 胸膜硬化
    • 個別の局所的な胸水に関連する可能性がある
    • カラーフロードップラー調査で比較的無血管
    • 通常、血流の維持または充血に関連する肺硬化症65
  • 歯槽硬化
    • 動的および静的な気管支図による組織のような外観
    • 重度の進行性疾患に関連 
  • 回復中の曝気の回復

2020年2月22日に発表された最初の小さなケースシリーズは、CODID-19が推定されている患者では、すりガラス状の陰影でFDGの取り込みが増加することを示しています42。この論文と同じジャーナルの同誌の論評は、肺病変のSUVが高い人ほど、治癒に時間がかかることを示唆しています77放射線学への手紙に詳述されたさらに1つの症例は、COVID肺病変のFDG親和性を裏付けた75

北米放射線学会(RSNA)は、胸部放射線学会とACRによって承認合意声明を発表したこと分類標準言語報告するための4つのカテゴリにCOVID-19のCT外観99

  • 典型的な外観
    • 末梢性、両側性、GGO +/-圧密または目に見える小葉内線(「クレイジー舗装」パターン)
    • 丸みのある形態の多焦点GGO +/-圧密または目に見える小葉内線(「クレイジー舗装」パターン)
    • 逆ハロサインまたは組織化肺炎の他の所見
  • 不確定な外観
    • 典型的なCT所見の欠如との存在
      • 多巣性、びまん性、末梢、または片側性のGGO +/-圧密、特定の分布がなく、丸みがない、または末梢ではない
      • 丸められていない、非周辺分布の非常に小さなGGO
  • 非定型の外観
    • 典型的なまたは不確定な機能の欠如との存在
      • GGOのない孤立した大葉または分節の統合
      • 離散した小さな結節(例:中心小葉、つぼみ) 
      • 肺のキャビテーション
      • 胸水を伴うより滑らかな小葉間中隔肥厚
  • 肺炎陰性肺炎を示唆するCTの特徴はなく、特にGGOと圧密がない場合

COVID-19(2020年4月)に対する特定の治療法やワクチンは存在しません。そのため、ウイルスがさらに人類に伝染するのを防ぐための公衆衛生対策にリソースが集中しています。これには多面的なアプローチが必要であり、個人には細心の個人衛生、大規模な群集/混雑した環境の回避、必要に応じて自己隔離11が含まれます。

医療施設では、迅速な診断を行い、感染した症例を隔離し、効果的な支援療法を提供するために、協調した取り組みが必要です。これは、抗生物質、抗ウイルス薬、および支援的手段による経験的治療を含みます。機械的換気および体外膜酸素化(ECMO)  も、臨床的に必要な場合に使用されています。 

SARS-2-CoVに対する特定の抗ウイルス療法は現在存在しませんが、プロテアーゼ阻害剤、リトナビル、およびロピナビルの組み合わせ、またはこれらの抗ウイルス剤とリバビリンの追加による三重の組み合わせにより、SARS 20の治療にある程度の成功が示されました、および初期の報告では、COVID-19 23の治療において同様の効力が示唆された。しかし、より最近の無作為化対照非盲検試験では、ロピナビル-リトナビル併用療法の追加の利点を実証できませんでした66

エボラウイルスを治療するために開発され、MERS-CoVおよびSARS-CoVに対して有効であることが示されている薬剤であるレンデシビルは、SARS-CoV-2に対して有望なin vitro結果を示し29  、第III相試験を行っています 30。第III相試験のその他の抗ウイルス薬には、オセルタミビル、ASC09F(HIVプロテアーゼ阻害剤)、ロピナビル、リトナビル、ダルナビル、およびコビシスタット80が含まれます。

初期の報告では、2つの抗マラリア薬、クロロキン、およびその密接な化学的誘導体であるヒドロキシクロロキンによる治療が臨床転帰に有益な影響を与えることが示され、in vitroで抗SARS-2-CoV活性を示すことも示されました。これは、最近のオープンラベルの無作為化臨床試験によってさらに裏付けられ、ウイルス運搬の有意な減少と、ヒドロキシクロロキンで治療された患者の平均保有期間が短縮されました。さらに、抗生物質アジスロマイシンとの組み合わせは相乗効果をもたらしました69。 

コロナウイルスワクチン開発の主な標的は、ビリオン粒子の表面にあるスパイクタンパク質(Sタンパク質)であり、生体内で免疫応答を誘発するための最も重要な抗原です75。 

コロナウイルスのワクチンは、SARSの発生以来開発されてきましたが、人間が利用できるワクチンはまだありません11,26I相試験 MERS-CoVのに対して、潜在的なワクチンのヒトでは、すでに英国で行われている26

新興の専門家の意見では、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、COVID-19のある患者には比較的禁忌です。これは、「証拠」61のいくつかのストランドに基づいています  。

  • 2019年以来、フランス政府の医薬品と健康製品の安全のための国家機関は、解熱剤としてのNSAIDの日常的な使用に反対しました
  • 以前の研究では、NSAIDが免疫系を抑制する可能性がある 
  • フランスの事例報告によると、NSAIDの若年患者は、それ以外は以前は適切であったが、より重度のCOVID-19症状を発症した。

ただし、NSAIDがCOVID-19の発症リスクを高めたり、確立された疾患を悪化させたりすることを示す科学的証拠は現在(2020年3月)発表されていないことに注意することが重要です。また、SARS-CoVのに対して(NSAID)(の原因インドメタシンにより、少なくとも一つのレポートが示す抗ウイルス活性SARS60

治療にもかかわらず画像変化の進行性の悪化は予後不良に関連すると考えられています27。60歳以上の男性では、死亡のリスクが高くなります62。死亡率は3.6%と推定されています89

初期の報告では、一部の健康な患者では、明らかな臨床的回復にもかかわらず、RT-PCRテストが偽陽性のままであることが示されています。これは、無症候性の運送が起こるかもしれないという懸念を引き起こします35

  • 一般的な68,95
    • 老齢
    • 介護施設や老人ホームの人
    • 男性の性別
  • 併存疾患68,95
  • 入院時の患者の状態と検査値96

2020年1月8日に、中国の武漢で原因不明の肺炎が発生したことにより、近隣の香港当局に当局が警告を発した、マカオ、台湾は、公衆衛生に対する新たな深刻な脅威の出現を示唆する恐れがある中で、国境監視を強化する」  54。2020年1月9日、世界保健機関はSARS-CoV-2が新しい疾患の原因であると確認しました14,37

2020年1月16日に、Journal of Medical Virologyに、世界保健機関(WHO)によって最初に2019-newコロナウイルス(2019-nCoV)と呼ばれた、新しい疾患に関する最初の科学記事が掲載されました53

2020年1月13日、中国以外で最初に確認された症例であるタイの中国人観光客が診断された10。1月20日、米国で最初の感染者は最近武漢から帰国した男性であることが確認された9。感染は、2020年1月30日にWHO 7によって公衆衛生緊急事態(PHEIC)と宣言されました。2020年2月28日、WHOはCOVID-19のグローバルリスク評価を「最高」に引き上げました。これは最高レベルです。2020年3月11日、COVID-19はWHOによりパンデミックと宣言されました44

2020年3月27日、米国は中国を上回り、症例数が最も多く確認されました5。2020年4月3日、世界で初めて確認された症例数は100万を超えました5

WHOは当初、この病気を「新規コロナウイルス感染肺炎(NCIP)」と呼んでおり、ウイルス自体は「2019新規コロナウイルス(2019-nCoV)」と名付けられていました  1。2020年2月11日、WHOは臨床状態をCOVID-19(COronaVIrus Disease-19の短縮形)に正式に改名しました  15。同じ日に、ウイルス分類学国際委員会のコロナウイルス研究グループ(CSG)は、ウイルスを「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2」(SARS-CoV-2)  16,22,46と改名した。 

これらのリストはアルファベット順です。

クイズの質問

参考文献

ウイルス感染

-covid19

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

COVID-19 新型コロナウイルス <必読 押谷教授からのメッセージ 4/4 20:52>

これは読まなきゃいかん! 新型コロナウイルス対策班東北大学大学院 押谷仁教授 からのメッセージ こういう画像で貼り付けるのは確かに、捏造を防ぐことはできるけどクリックする手間を考えると、みんな読まない …

COVID-19 新型コロナウイルス <理解するための情報>

〇新型コロナクラスター対策専門家 Tweets by ClusterJapan 〇新型ウイルスの特徴は? https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus …

COVID-19 新型コロナウイルス <提言>

冷静で良い提言だと思う   〇【緊急提言】コロナ・ショックの経済対策の基本的方向性について 3/24 キャノングローバル戦略研究所 冷静な提言 ・最低限の出費に必要な資金を支援する ・資金繰 …

COVID-19 新型コロナウイルス関連情報 <信頼できるメディア>

メディアなので、随時アップデートされる定期的に要チェック! 〇ワシントンポスト(英語) ニュースアップデート 英語ですが、chromeの翻訳で十分読めます https://www.washington …

COVID-19 新型コロナウイルス関連情報 <現状確認>

〇感染者数 東洋経済オンライン新型コロナウイルス国内感染の状況日本国内において現在確定している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を厚生労働省の報道発表資料からビジュアル化した。http …